氷屋さんって、どんな仕事?

氷雪販売、いわゆる氷屋さんが何をしているか、ご存じですか?
氷を売っているところという認識はあっても、あまり詳しくない人も多いはず。
そこで、氷屋さんが日々どう過ごしているのか、1日の流れを追ってみました。

氷屋さんの1日

氷屋さんの純氷は、こんなところでも大活躍!

毎日、忙しく過ごしている氷屋さん。彼らが手がけている純氷は、実はさまざまな場面で見ることができます。

◀ 氷の器
料理を冷やしつつ、見た目の清涼感も演出できる器。クラッシュアイスを固めたものや、純氷を削ったものなどがあります。料理の味をジャマしないのは、雑味のない純氷だからこそ!

冊子:純氷の写真から抜粋

◀ 氷のジョッキ
最後の一口まで、冷え冷えビールが楽しめる純氷製ジョッキ。純氷は通常の氷よりも溶けにくいので、ビールの味が薄まるのを防いでくれます。持ち手に断熱材を使っており、手が冷たくなることもナシ!

◀ 氷の彫刻
言わずとしれた氷の芸術。写真は、白鳥の彫刻です。くちばしから羽まで細部にこだわった芸術的な氷彫刻です。こういったアートも表現できるんですね。

» 動画はこちら

◀ コンビニコーヒー
近年、急成長を遂げたコンビニのコーヒー。実はこのアイス用カップの氷に、純氷を使うチェーン店は多いんです。おいしいと評判のコーヒーには、やっぱりおいしい純氷が不可欠!

◀ 動物たちに氷の差し入れ
真夏の炎天下、夏休みに来園する子供達から「動物たちが可哀想…」との声。
動物園からの粋なはからいで、フルーツ入り氷ケーキをプレゼントされてシロクマくんも大喜び!

» 動画はこちら

私たちにおいしい純氷を提供するべく、氷屋さんは日々、努力を重ねています。そんな彼らが手がける純氷は、使い道もさまざま。今後もユニークな活用方法があれば更新していくので、ぜひチェックしてください!

Facebook

お近くの氷屋さん | 運営者 | 個人情報保護方針 | お問い合わせ | サイトマップ

全国氷雪販売業生活衛生同業組合連合会

ページ上部へ